EDITHON | 泊まれる無印「MUJI HOTEL GINZA」のライブラリーを監修

EDITHON

泊まれる無印「MUJI HOTEL GINZA」のライブラリーを監修

泊まりながら無印良品をまるごと楽しめるMUJI HOTEL。その国内第1号が銀座にオープンするにあたり、書棚空間をプロデュースしました。

6階フロントロビー

海外からのホテル宿泊者に向けて、「日本の見方」をコンセプトに8つのテーマを掲げ、テーマに沿って約500冊が並ぶ書棚を構成しました。「一 細部 details」「二 意匠 design」「三 民家 house」「四 来客 visitor」「五 風土 locals」「六 都市 city」「七 振舞 gesture」「八 銀座 ginza」

6階ライブラリー

バーカウンター前の書棚は、「デザインの素(もと)」をコンセプトに、さまざまな視点で国境やジャンル、新旧を超えたデザイン関連本で構成しました。海外の豪華本や稀覯本など、ふだんお目にかかれないデザイン書も大胆に取り揃えています。

約1000冊からなるライブラリーは、「A アトリエ」「B バウハウス」「C カラー(色彩)」など、AからZまで26種の独自カテゴリーでデザインの世界を再編集した蔵書空間です。

ホテル客室

ホテル宿泊者向けに、「花鳥風月みたて」をコンセプトに、部屋ごとに異なる和・洋書をしつらえました。花と鳥と風と月。それぞれ4つのイメージに合わせて、洋の東西を問わず、ジャンルや新旧を超えてさまざまな本を組み合わせ、あらたな「花鳥風月」の景色を見立てる趣向としています。

花は、花、華があるもの。可憐なもの。小さきもの。

鳥は、鳥、空を飛ぶもの。飛ぶ機械。

風は、吹いて消えるもの、風景、日常。痕跡。

月は、月の満ち欠け。円形で普遍的なもの、丸くて変わらないもの。

所在地

東京都中央区銀座3-3-5

プロジェクトメンバー

監修ディレクター
櫛田理
書棚空間・選書ディレクション
櫛田理
プロジェクトマネージャー
乙部恵磨
書棚サイン
佐伯亮介
選書協力
清塚なずな、森岡督行(森岡書店)、中島祐介(POST)、石井利佳(nostos books)
設営協力
資生堂「花椿」編集室、和泉佳奈子(松岡正剛事務所)、中村碧
制作進行
EDITHON(エジソン)
竣工写真
中道淳(ナカサアンドパートナーズ)、濱田祐史
協力
良品計画、UDS

プロセス

2018年4月〜 企画立案
2018年11月〜 書棚環境、選書方針立案
2018年12月〜 空間設計図、選書方針が固まる
2019年1月〜 選書スタート
2019年3月〜 書棚設営
2019年4月5日 「MUJI HOTEL GINZA」オープン

関連情報

銀座の日英対訳ガイドブック『GINZA 銀座』を制作中。(2020年9月上旬刊行予定)
【⇒詳細記事は、こちら