EDITHON | MUJI BOOKS文庫「人と物」シリーズを出版ディレクション

EDITHON

MUJI BOOKS文庫「人と物」シリーズを出版ディレクション

無印良品が発行する文庫本シリーズ「人と物」は、無印良品の視点でこれからも大事に読みつぎたい人物を取り上げ、言葉によって残された「人」とその人が大切に使っていた「物」を組み合わせて、一人ずつ一冊に編集する短編アンソロジーです。

無印良品が初めて出版社として刊行する書物でもあり、無印良品らしい3行コピーの帯巻きや、ダストカバーをつけないシンプルな装丁など、細部までMUJIらしさを追求しました。

シリーズ共通で、巻頭には著者がたいせつにしていた形見の品の写真8点を収録しています。この「くらしの形見」と名付けたコーナーでは、柳宗悦の名刺、花森安治の目覚まし時計、小津安二郎の表札、など人を物語る愛用品とそれにまつわるエピソードを紹介しています。

刊行ラインナップ

1.柳 宗悦(民芸研究者・日本民芸館 初代館長)
2.花森安治(『暮しの手帖』初代編集長)
3.小津安二郎(映画監督)
4.佐野洋子(絵本作家・エッセイスト)
5.茨木のり子(詩人)
6.米原万里(ロシア語通訳、小説家、エッセイスト)
7.秋岡芳夫(工業デザイナー)
8.伊丹十三(映画監督、俳優、エッセイスト、商業デザイナー)
9.濱谷 浩(写真家)
10.桑澤洋子(ファッションデザイナー・桑沢デザイン研究所 創立者)
11.杉浦日向子(漫画家)
12.白洲正子(随筆家)

プロジェクトメンバー

シリーズ監修&編集長
櫛田理
編集
広本旅人(1、2、3、5、9、12)
土田由佳(4、8、10、11)
いのうえりえ(6、7)
デザイン
佐伯亮介
撮影
永禮賢
表紙デザイン監修
原研哉(日本デザインセンター)
制作進行
EDITHON
印刷製本
シナノ印刷
発行
良品計画
刊行日
2017年4月〜 ※継続中

関連情報

  • ダメージ本をアップサイクルする企画「MUJI BOOKS文庫」篇。
    【⇒詳細記事は、こちら
  • 「人と物」シリーズにカラー特装版が登場。【⇒詳細記事は、こちら