EDITHON | TARABOOKSと作った絵本『みなそこ』を刊行します。

EDITHON

2021.12.29

出版ニュース TARABOOKSと作った絵本『みなそこ』を刊行します。

南インドの出版社TARA BOOKS (以下、タラブックス)の全面協力で、ハンドメイドの絵本『みなそこ』が誕生しました。

エジソンのチームが企画・翻訳・編集・装丁など一冊全体を手がけました。原書の「The Deep」(TARA BOOKS / 2020)のエッセンスを生かしつつ、日本語版ではブルーの色味から造本設計まで、じつにたくさんの変化を遂げて、二つと同じものがない絵本に仕上がりました。 

タラブックスは、1994年の設立以来、インドに古くから伝わる土着の芸術を取り上げ、民俗画家たちの作品を初めて本にしたパイオニアと言えます。タラブックスは内容から印刷や製本まで、すべて自分たちで行います。今回も、再生コットンの紙を漉き、紙を染め、シルクスクリーンで印刷。仕上げは、糊を一切使わない手製本。本をつくるすべてのプロセスが、インドの小さな工房にいる職人たちの手しごとです。水面のような表紙のマーブル柄は、ハンドメイドなので一冊としておなじ模様はありません。

物語の旅は、著者である兄弟の故郷、少数先住民族ワルリ族がくらす、ガンジャード村から出発します。高層ビルがそびえ立つムンバイを経由して、舞台は海の彼方の日本へ。最後のページでは、日本の粟島の海の生きものとともに、インドのガンジャードの川の生きものが描かれており、淡水と海水の境を超えて共存しています。本書を通じて、国や言語を超えて共鳴しあう、自然と生きる健やかな日々の豊かさを、感じていただけることでしょう。

パンデミックの最中に生まれた本書の最後には、著者であるワイエダ兄弟から読者へのメッセージがおさめられています「川のいのち 海のいのち まだ見ぬいのち みんな みなそこで つながっている」。

出版概要

タイトル 『みなそこ』
著者 ワイエダ兄弟(Mayur & Tushar Vayeda)
企画監修+翻訳 櫛田理
構成編集 乙部恵磨(EDITHON)
デザイン 佐伯亮介(EDITHON)
制作 株式会社EDITHON
発行元 株式会社良品計画
印刷製本 TARA BOOKS + AMM Screens
定価 3,500円(税込3,850円)
発行部数 初版 限定5,000部(Limited Number付き)
ページ数 24ページ
サイズ D8×W416×H238 (mm)
用紙 リサイクルコットンペーパー(インド産)
ISBN 9784909098313

取扱店舗

無印良品 MUJI BOOKS

銀座、 札幌パルコ、 シエスタハコダテ、 仙台ロフト、 エルミこうのす、 大宮マルイ、 所沢西武、 イーアスつくば、 柏ステーションモール、 イオンモール木更津、 みんなみの里、 錦糸町パルコ、 上野マルイ、 MUJIcom武蔵野美術大学、 渋谷西武、 アトレ恵比寿、 丸井吉祥寺店、 新百合丘オーパ、 小田急百貨店町田、 NEWoMan YOKOHAMA、 Colette・Mareみなとみらい、 コースカベイサイド横須賀、 MUJIcomホテルメトロポリタン鎌倉、 ららぽーと沼津、 静岡パルコ、 浜松遠鉄百貨店、イオンモール松本、 直江津、 野々市明倫通り、 イオンモール高岡、 近鉄百貨店四日市、 京都山科、 イオンモールKYOTO、 グランフロント大阪、 リノアス八尾、 近鉄あべのハルカス、 イオンモール堺北花田、 イオンモール四條畷、 アクタ西ノ宮、 岡山ロッツ、 アリオ倉敷、 広島パルコ、 小倉駅前アイム、 MUJIキャナルシティ博多、 イオンモール福岡伊都、 COCOSA熊本下通、 浦添西海岸パルコシティ …他