EDITHON | 帝京大学「共読ライブラリー」プロジェクトを企画監修

EDITHON

帝京大学「共読ライブラリー」プロジェクトを企画監修

帝京大学八王子キャンパスの図書館「Media Library Center」(MELIC)は、2012年、大改革に着手し、「共読ライブラリー」プロジェクトが始動しました。その際、企画・運営の総合ディレクターを任されたのが「松丸本舗」(2009~2012年)でチーフエディターを務めた櫛田理(現EDITHON代表)であり、編集工学研究所所長の松岡正剛氏監修のもと、多方面でプロジェクトを推進しました。

「共読」というコンセプトを打ち立て、手書きでコミュニケーションできる黒板本棚の誕生、有志の学生からなる図書館の部活動「共読サポーターズ」結成、オンライン読書プログラムの開発など、活動は多岐にわたります。又吉直樹さん、蒼井優さんも読書のセンパイとして参加するなど、大学図書館の可能性を広げました。「読書服」や、『MOON PHASE』もこのプロジェクトの成果です。



プロジェクト概要

主催 帝京大学メディアライブラリーセンター
所在地 帝京大学八王子キャンパス図書館内
スーパーバイザー 松岡正剛(2012年〜2019年)
企画監修 櫛田理(2012年〜2019年/2014年までは旧所属にて)

プロセス

2011年9月 「共読ライブラリー」計画スタート
2012年4月 「黒板本棚」を導入し、共読の活動拠点となる「College MONDO(問答)」エリア、「MONDOストリート」を設置
2012年6月 読書家著名人にお悩み相談する「Special MONDO」初回ゲストに、又吉直樹さん・蒼井優さん登場
2012年4月 読書術コース(座学とオンラインによる読書プログラム)スタート
2012年4月 学生有志による「共読サポーターズ」を立ち上げ
2012年10月 「図書館総合展」に初参加。以来、毎年継続して出展中
2014年4月 本を薦め合う「リコメンド大賞」スタート
2015年4月 共読サポーターズが50人を超え、グループごとの活動が活発に
2017年4月 スマホアプリ「メクリ」を導入し、読書術コースが進化
2017年9月 本棚付き三輪自転車「ブックル」を開発し、「全国都市緑化フェア」に参加
2018年4月 新校舎にラーニングコモンズ「ACT3」「ACTrium」誕生
2019年12月 MITOプロジェクトから色覚絵本『MOON PHASE』誕生、刊行
*「共読ライブラリー」は現在、外部監修の手を離れ、図書館職員と学生が主体となって活動を継続しています。

関連プロジェクト